通信技術の向上とともに、WEBサイトにおける動画の役割が広がってきました。テキストよりも多くの情報を伝達できる動画は、ユーザー行動を後押しする要素のひとつとなっています。
例えば、社員がイキイキと楽しそうに働いている雰囲気や、施設などのハード情報は文字で伝えるよりも、映像の方がインパクトも説得力も違います。